ドラフト

スポンサーリンク
  • このトピックには15件の返信、2人の参加者があり、最後にsakanoにより11ヶ月前に更新されました。
15件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #11676 返信
      sakano
      キーマスター

      お勧めのドラフト候補選手やドラフト関連情報などが有ればこちらにどうぞ。

    • #11677 返信
      sakano
      キーマスター

      カーブは真鍋慧内野手(広陵高)を狙ってない感じですね。
      これは意外です。

    • #11703 返信
      YOSHIKI
      ゲスト

      広島は身体能力の高いアスリートタイプを好みます。かつての鈴木誠也しかり、昨年2位で指名した内田湘大選手もそうです。真鍋選手は佐々木麟太郎選手に比べれば投手が出来るくらい肩も強いですし、サード、レフトでの起用も期待できますが、広島の基準では物足りないという事なのでしょうね。西武は指名すべき選手の一人です。

    • #11706 返信
      sakano
      キーマスター

      カープが指名しないならライバルが減るのでライオンズにとっては良い事です。
      真鍋慧内野手(広陵高)はプロ志望のようですからね。

    • #11839 返信
      YOSHIKI
      ゲスト

      ドラフト1位は山川選手の後継者となる選手を獲得して欲しいです。花巻東高・佐々木麟太郎選手に熱心なようですが、私は反対です。清宮幸太郎選手に比べて広角に打てるという評判ですが私はそうは思いません。清宮選手よりもライト方向へ引っ張り傾向が強いように思えます。確かに清宮幸太郎選手が甲子園で打った2本塁打はいずれも右方向でしたが、それ以外の高校通算111本塁打はバランス良く広角に打てています。また、清宮幸太郎選手以上に高校時代から故障が多いのが気がかりです。

      高校生なら真鍋慧選手を優先して欲しいです。私は再三申し上げている様に、慶應義塾大・廣瀬隆太内野手の1位指名を希望します。ファースト、セカンド、サードを守れます。今春は主力がこぞって抜けた影響でサードでは無くセカンドでほぼフル出場でしたが、プロではサードが適任です。大学では上級生との関係でセカンドを守る機会が多かったせいか、サードは経験不足ですが、肩も強く足も速いので十分期待できます。

      左打者ですが、明治大・上田希由翔内野手も良いでしょう。ファースト、サード、中日の村松選手が膝を故障していた3年春にはセカンドレギュラーとして活躍しました。外野もこなせます。愛知県出身でポスト森野将彦として中日が獲得するかも知れませんが、去年は内野手ドラフト、一昨年は外野手ドラフトを中日はしてきたので、上田を指名しない可能性もあります。下手な外国人選手よりも即戦力だと思います。

      2位で鹿児島城西高・明瀬諒介内野手を獲得出来れば万歳です。今は投手兼一塁手ですが、強肩で足も速いのでサードは普通に出来るでしょうし、かつての中島裕之選手のように大型ショートで育てても良いでしょう。去年の広島2位・群馬・利根商業高・内田湘大内野手と同じ評価ですね。

      明瀬選手他球団に獲られたらば、井端弘和氏絶賛の國學院栃木高・長田悠也内野手を3位で獲得したいですね。栃木県は作新学院王国なので、國學院栃木が甲子園に出てくるのは難しいので、無名の逸材として3位で獲得したいです。

      後は人材豊富な大学生投手を獲得して、ポスト増田達至投手としたいです。

      育成でもかつてロマン枠と称して2位で指名していた素材型の大学生を獲得して投手陣を厚くしたいですね。悩ましいのは捕手の獲得ですね。楽天も石井監督は今季限りでしょうから、炭谷が放出されるなら獲得して欲しいです。もちろんドラフトでも1人くらいは獲得して欲しいですね。

    • #11844 返信
      sakano
      キーマスター

      廣瀬隆太内野手は秋季リーグでの打率次第だと思います。
      打率.270以下なら1位指名は難しい都思います。

      明瀬諒介内野手はあまり目立って欲しくないですね。
      長田悠也内野手も良い選手です。

      1位指名はどうなるかは分かりませんが、2位指名は投手で3位指名は内野手というのが妥当だと思います。

    • #11845 返信
      YOSHIKI
      ゲスト

      正直、蛭間拓哉外野手も低打率でしたから、1位指名を回避してもらいたかったくらいです。ただ、身体能力も高く、大学野球最高峰の東京六大学野球でしたから、二軍では無双しています。コンディションが通常に戻れば夏場以降の活躍が期待できます。

      廣瀬隆太選手にしても遠投は100m、50m走も6秒台前半でファーストではなく、セカンドをメインに守ってきた選手ですから身体能力も問題ありません。立教大・山田健太選手(現・日本生命)とは違うと思います。

      高卒の佐々木麟太郎選手は言うに及ばず、即戦力で中軸が務まる選手はいないでしょう。1年目の後半に出てくれば御の字です。即戦力という点で言えば、第一はENEOS度会隆輝選手でしょう。でも長打力をアップさせるために外野手転向しました。セカンド、サードを守れるかは流動的です。その意味では明治大・上田希由翔内野手が無難な気がします。内外野守れる森野将彦氏の上位互換ですから狙い目です。

      また、オリックス宇田川投手のように、育成でも即戦力になり得る大学生の長身速球派投手を獲得して欲しいです。リリーフ投手は体力を消耗する物ですから、寿命は短いです。複数の投手を育てて一人当たりの負担を減らしていく必要があります。本指名6名、育成4名の獲得を想定しています。

    • #11851 返信
      sakano
      キーマスター

      現代では六大学野球が大学野球最高峰という訳ではないです。
      六大学野球以外のリーグの選手の方がプロでは活躍してますからね。
      特に本塁打数は六大学野球の場合はアテにならないです。
      狭くてマウンドに癖が有る神宮球場での成績ですからね。
      六大学野球の野手はミート力が有る選手の方が無難です。

    • #11904 返信
      YOSHIKI
      ゲスト

      1位候補にはならないでしょうが、白鷗大・福島圭音外野手の獲得を希望します。松井稼頭央監督好みのスピードスターになってくれそうです。

      2024年候補ですが、明治大の飯森太慈外野手も2022年中日2位の村松以上のスピードスターです。今いるメンバーで「走魂」を標榜したところで、ご覧の通りです。フロント肝いりの生え抜きスター監督ですから少なくとも来年は代わらないのでしょう。今いるメンバーで勝負に拘り、長期政権を築く事で走魂野球を実現すれば良いのではないでしょうか?

      一方でポイントゲッターを確保しないと機動力野球も実を結びません。東尾西武が日本一になれなかったのは長距離打者を軽視して足の速い選手のみを重用したからです。外国人長距離打者の獲得は正直期待薄です。

      大阪ガス・三井健右外野手を下位で獲得したいところです。解禁済み社会人野手ですから、プロ志望ならラストチャンスを期待し下位指名で獲得出来るはずです。レフトを守る外国人野手だと思って下位で獲得しても面白いのではないでしょうか?

      ラオウこと杉本裕太郎外野手も10位指名です。元オリックス・スティーブン・モヤを獲得したつもりで三井健右外野手を獲得しても良いと思います。

    • #11905 返信
      sakano
      キーマスター

      福島圭音外野手は下位ならですかね。
      三井健右外野手は最後の指名でも入団の意思が有るならですかね。

    • #12262 返信
      YOSHIKI
      参加者

      野手の廣瀬隆太選手もそうですが、一方で平成国際大の冨士隼斗投手の評価も上がってきてない印象です。ストレートの力はありますが、制球力の不安定さが原因でしょう。

      東洋大・細野晴希投手については制球力の不安があっても稀少な左投手である点とストレートの力があることが評価されているのでしょう。

      冨士隼斗投手については秋の成績次第で2位の可能性もあるし、5位くらいの可能性もあります。振り幅の大きな選手のように思えます。

      右投手をみても青山学院大・常廣羽也斗投手、青山学院大・下村海翔投手、専修大・西舘昂汰投手、中央大・西舘勇陽投手、大阪商業大・上田大河投手、名城大・松本凌人投手、名城大・岩井俊介投手と7人

      左投手も東洋大・細野晴希投手、國學院大・武内夏暉投手、大阪商業大学・高太一投手、桐蔭横浜大・古謝樹投手、星槎道都大・滝田一希投手と5人、

      高校生投手についても、左は大阪桐蔭高・前田悠伍投手、享栄高・東松快征投手、右は仙台育英高・髙橋煌稀投手、霞ヶ浦高・木村優人投手、専大松戸高・平野大地投手、東海大管生高・日當直喜投手、星稜高・武内涼太投手、滝川二高・坂井陽翔投手と8人ざっと数えただけでもいます。

      これに花巻東高・佐々木麟太郎選手、ENEOS・度会隆輝選手、広陵高・真鍋慧選手、鹿児島城西高・明瀬諒介選手が加わると、2位までの24人が埋まってしまいます。実際は社会人投手や、大学生野手も24人以内に入ってくるでしょうから、冨士隼斗投手は余程思い入れが無い限りは3位以降と考えて良いと思います。

      最近は同じ地方リーグなら、ライオンズの準地元である北関東の白鷗大・大山凌投手の方が気になっています。かつての田村伊知朗投手のように6位で獲って欲しいですが、去年の青山美夏人投手のように4位くらいになるかも知れません。大山投手も各球団の実情で指名順位に振れ幅のある選手のような気がします。

    • #12263 返信
      sakano
      キーマスター

      冨士隼斗投手と岩井俊介投手は同じくらいの評価だと思います。
      球威は有るけど制球がというタイプですよね。

      今年はやっぱり投手が多いですね。

    • #12287 返信
      通りすがり
      ゲスト

      現状のチームでの戦力からすると投高打低が顕著ですし、マキノン残留としますと、右は外崎、マキノン、中村、愛斗、長谷川、岸とそこそこメンバーいますが、左は源田、将平、蛭間といった状況なので、望まれるのは左の大砲か吉田正尚タイプの勝負強い中距離ヒッターになります。そう考えますと上田選手か度会選手の二択かと思われます。佐々木選手は高卒でかつ肥満体で怪我のリスクが高いことを考慮すると一番避けなければならないと思います。ドラフト1位で上田選手を獲得して、サードで育成していくのが順当かと思います。

      2位以下は、高橋選手、平良投手が数年で抜ける穴埋めの先発候補の大学生投手を獲得して欲しいです。

    • #12288 返信
      sakano
      キーマスター

      上田希由翔内野手は吉田正尚並の長打力は無いと思います。
      10本塁打打てれば良い方です。
      タイプ的にはイーグルスの鈴木大地だと思います。
      1位で指名するほどの選手では無いです。

      1位クラスの野手は佐々木麟太郎内野手、真鍋慧内野手、明瀬諒介内野手、度会隆輝外野手、進藤勇也捕手だけだと思います。
      高校生野手の誰かを狙うべきですけど、外れ1位の場合は高校生投手を狙って将来のエース候補を確保した方が良いと思います。
      最近の大学生投手はエース候補にならない投手が多いです。
      今のパ・リーグの各球団のエース級は高卒投手がほとんどです。

    • #12550 返信
      ROM専
      ゲスト

      仙台育英の尾形樹人捕手はどう思う?
      甲子園を見てて面白そうって思っただけで高校生の能力とかいまいちわからない。

    • #12553 返信
      sakano
      キーマスター

      尾形樹人捕手は守備型の捕手で打撃の評価はそこまで高くない印象です。
      指名するなら4位前後だと思いますけど、大学に進学という情報が有ります。
      今の所はドラフト対象外ですかね。

15件の返信スレッドを表示中
返信先: ドラフト
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.