山川穂高に対しての配球

スポンサーリンク

昨日(28日)のホークスとの練習試合で、山川穂高に対する配球に不満が有ります。

甘い配球

配球が甘いです。

打たれても良いから厳しいコースを要求して欲しかったですよね。

外角への要求は不要だったと思います。

内角

武内夏暉と2打席目に対戦した時のように避けるくらいのボールをもっと投げて欲しかったです。

当たったら御免なさいでね。

そのくらい内角を意識させて崩さないと打たれると思います。

打者に気持ちよくスイングさせたらバッテリーの負けです。

平井克典とかは全球内角出も良かったと思います。

次回の対戦

次回の対戦は3月15日、16日、17日のオープン戦です。

山川穂高には打たれても良いから内角を徹底して意識させて欲しいです。

踏み込まれたらバッテリーの負けです。

森友哉

山川穂高だけでは無く、森友哉にも同じ事が言えます。

気持ちよくスイングさせては駄目です。

何の為に内角を使うのか?です。

体を守る防具が進化をして内角を見せる程度では無意味になってます。

踏み込めないのは恐怖心からですからね。

腰を引かせる為には痛い思いをというのは手段としては必要だと思います。

死球を故意に当てろとは言いませんけど、結果的に当たってしまう事も有るでしょう。

スポーツマンシップ

スポーツマンシップにとか言う人も居ますけど、プロの世界ですからね。

金を貰ってプレーをしている訳なので、手段なんて選んでられないでしょう。

アマチュアは駄目ですけどね。

死球覚悟の内角攻めも勝つ為に必要だからやるのがプロです。

勝つ為に給料を貰っている訳ですからね。

コメント

  1. 福岡のレオ党 より:

    筆者の意見に同意します。球自体は、かなりやれると診ました。配球です。喰うか喰われるかの覚悟を持ってしかこの世界は渡れないと思います。いち早く、ここに気づくかアマチュア感覚では生き延べられない。

    • sakano より:

      武内夏暉は新人なので公式戦でデビューしないとプロとしての自覚は分からないでしょう。
      そこは捕手がリードしないと駄目です。
      逆に山川穂高の1打席目でプロの世界を経験したという意味では良かったです。
      公式戦で経験するよりも練習試合で経験した方が良いですからね。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.