渡辺久信GMの仕事

スポンサーリンク

秋季キャンプが終了して本格的にストーブリーグに突入しました。

渡辺久信GMが主役になる時期ですよね。

D.マキノンの残留交渉

まずはD.マキノンを残留させる交渉が渡辺久信GMの仕事でしょう。

既に交渉しているでしょうけど、残留が発表されてないという事は難航しているからなのでしょうね。

代理人は良い条件を引き出そうとしますからね。

どこまで妥協するのか?です。

D.マキノンの進退が決まらないと獲得する外国人選手の人数が決まらないです。

外国人投手

ボー・タカハシ以外の外国人投手は退団という事なので、新たに外国人投手を獲得する必要が有ります。

先発は十分なのでリリーフ投手ですよね。

先発の外国人投手を獲得して、松本航や與座海人をリリーフに回すという方法も有りますけどね。

基本はリリーフタイプの外国人投手だと思います。

外国人投手は2人ほど獲得する必要が有ると思います。

先発タイプを1人獲得するなら先発に拘りが強過ぎる投手だけは止めて欲しいです。

外国人野手

2人の外国人野手獲得ですよね。

D.マキノンが退団なら3人欲しいです。

何度も失敗している中距離打者だけは止めて欲しいです。

一塁手と左翼手が空いているので、どちらかを守れる選手ですね。

3人必要なのは予備は必要です。

外国人野手次第で来季の順位が変わると思います。

契約更改

契約更改も大事な役割ですけど、査定の方は終わってますからね。

提示するだけでしょうし、下交渉をしていると思います。

渡辺久信GMの役割は労いの言葉を掛けるとかだと思います。

コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.