先発投手の争い(春季キャンプ編)

スポンサーリンク

春季キャンプ中の先発投手の競争をまとめたいと思います。

先発投手は髙橋光成、松本航、今井達也、D.エンスまでは故障しない限りは確定でしょう。

與座海人も昨季は10勝だったので優先的に先発で起用されるでしょうね。

この時点で先発は5人という事になります。

残り1人分の枠を平良海馬と隅田知一郎が争う形ですかね。

ただ平良海馬は先発ローテーション入り確定という感じですけどね。

隅田知一郎が良かったら與座海人次第では先発ローテーション入りは有るのでしょうか?

コメント

  1. 福岡のレオ党 より:

    先発陣の中で、どうしても松本投手の先発起用に不安を感じる。理由は、とにかく変化球の質が劣ると診ています。彼の勝負球は、コースに決まる伸びのある真っすぐであり、変化球はスライダー、カットボール、フォークであろうが、変化球の決め球が無い。特にフォークは、挟んで落とせば・・・という程度にしか思えない。彼こそ、真っすぐに近いスプリットを習得すべきだと思うが、あくまでも真っすぐにこだわるコメントしか聞こえてこない。多分に変化球に対する意識が低いと想えます。対象的に先発転向の平良投手は、打者との対峙における『変化球』の位置づけが高いレベルであると思います。あのダルビッシュ投手でさえ、いつも変化球の創造をイメージしていると聴きます。
    恐らく、開幕時は、先発ローテであろうが、状況によっては、後ろに持っていくこともありと診ています。可能性としては、松本投手の真っすぐを活かすのは、抑えとしての1イニング限定での全力投球と診ています。ある意味、松本投手に注目している。

    • sakano より:

      フォークは向いてる投手、向いて無い投手が居ますからね。
      練習すれば誰でも投げられるという訳では無いです。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.