右翼手の争い(春季キャンプ編)

スポンサーリンク

春季キャンプ中の右翼手の競争をまとめたいと思います。

右翼手は蛭間拓哉、川越誠司、愛斗、M.ペイトンが候補でしょう。

若林楽人は脇腹の張りで離脱しましたからね。

それに若林楽人の送球を見る限りでは右翼手は厳しいと感じました。

右翼手は打てるというのが前提ですけど、肩が強いというのも必要な要素ですよね。

練習での送球を見ると蛭間拓哉は肩が強いのかは微妙な所です。

弱くは無いと思います。

意外とM.ペイトンが良い送球をしていたので可能性は有ると思います。

ただ守備の面を考えたら愛斗が一番有力だとは思います。

愛斗は投げている映像も有りましたからね。

まずは打撃優先です。

コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.