中堅手の争い(春季キャンプ編)

スポンサーリンク

春季キャンプ中の中堅手の競争をまとめたいと思います。

中堅手は蛭間拓哉、M.ペイトン、鈴木将平、愛斗、西川愛也の競争なのでしょう。

今は色々と試している段階ですね。

守備だけなら愛斗なのでしょうけど、右翼手との兼ね合いを考えると蛭間拓哉、鈴木将平、西川愛也が有力だと思います。

鈴木将平と西川愛也は守備範囲は広いですけど肩の問題が有るのでね。

肩が弱くてもカットマンにすぐに送球を徹底すれば補えるとは思います。

栗山巧だって肩が弱いですけど中堅手を守りながらゴールデングラブ賞を受賞した事が有るのでね。

肩の弱さを補う守備範囲の広さと打撃、走塁がが有ればレギュラーは獲得出来ます。

蛭間拓哉は欠点は無い感じですけど、試合で使ってみないと分からない所も有りますよね。

総合的に優秀な選手がレギュラーを獲得すると思います。

蛭間拓哉、鈴木将平、西川愛也は左打ちなので併用というのも難しいです。

コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.