髙橋光成の抑え転向案

スポンサーリンク

平良海馬が復帰したらという条件付きですけど、髙橋光成の抑え転向というのはどうでしょうか?

A.アブレイユが抑えとしては不安定です。

髙橋光成は出遅れの影響なのか?試合を作る投球はしてますけど、好投というレベルの投球では無いです。

だったらリリーフ強化で髙橋光成を抑えで起用した方が良いと思います。

髙橋光成が来季も在籍するのなら先発起用のままでも良いと思いますが、恐らく今年のオフにポスティングでMLBに挑戦でしょう。

移籍する前に貢献してから移籍して欲しいので、先発起用よりかはリリーフ起用の方が貢献出来ると思います。

それに髙橋光成にとってもリリーフ投手としての実績はマイナスでは無いと思います。

MLBでリリーフ起用の可能性も有りますからね。


先発投手は髙橋光成が抜けても何とかなると思います。

今井達也、平良海馬、隅田知一郎、武内夏暉を基本にボー・タカハシ、渡邉勇太朗、羽田慎之介、青山美夏人を起用すれば良いです。

菅井信也を支配下契約にして一軍で先発起用というのも悪く無いと思います。

上手くやりくりしている間に先発タイプの外国人投手を獲得しても良い訳です。

外国人選手の運用は先発投手が2人、リリーフ投手が1人(もしくは2人)、野手が2人(もしくは1人)というのが外国人枠を最大限に活用出来る起用です。

リリーフ投手と野手が合計で3人というのが基本だと思います。

なぜなら外国人選手のベンチ入りは4人までだからです。

5人の外国人枠で、どうしても1人はベンチ外になります。

だから先発投手の外国人投手が2人というのが丁度良いのです。


勝ちパターンで松本航、A.アブレイユ、髙橋光成のリレーだったら強力なリリーフだと思います。

それに甲斐野央もいずれは復帰するでしょう、

コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.