野手の補強

スポンサーリンク

野手の補強について書きます。

中田翔

ジャイアンツの中田翔がFA権を行使するみたいですね。

山川穂高がFA権を行使するなら補強ポイントという事になります。

問題は人的補償と素行面でのイメージですよね。

人的補償はBランクなので発生します。

素行面はジャイアンツにトレードになった経緯が問題ですよね。

問題を起こした山川穂高が出て行って、問題を起こした過去が有る中田翔を獲得するのか?というジレンマです。

中田翔を制御するという意味では大阪桐蔭の大先輩でも有る中村剛也が居るという面では大きいです。

そして中田翔の同級生で高校時代はバッテリーを組んでいた岡田雅利が居ます。

中村剛也が居る限りは最年長という事にはなりませんし、好き勝手出来るというのは無理です。

問題は中田翔がわざわざライオンズに移籍するのか?という点ですね。

通いは辛いでしょうし、気を遣わなければならない存在が居るという面では移籍する可能性は低いと思います。

年俸も高額ですからね。

上林誠知

ホークスを戦力外通告された上林誠知も獲得の候補ですよね。

埼玉県出身です。

問題はポジションに空きが有るのか?という問題です。

外野は飽和状態ですよね。

左打ちだと蛭間拓哉、鈴木将平、西川愛也、高木渉、高松渡、仲三河優太ですよね。

実績は上林誠知の方が上ですけど、アキレス腱を断裂した故障歴が有ります。

20本塁打以上を打った実績を考慮して、外野の競争を激化させるという期待も込めて獲得するのか?です。

ここは松井稼頭央監督次第だと思います。

松井稼頭央監督が欲しいなら獲得に動いて、不要なら獲得しなければ良いです。

個人的にはこれ以上の外野手は不要だと思ってます。

外国人野手

外国人野手の補強は必要です。

D.マキノンを残すにしても新たな外国人野手の獲得をしないと駄目でしょう。

M.ペイトンのようなタイプでは無く、長距離打者を獲得して欲しいです。

左翼手として外国人野手を1人と山川穂高次第では一塁手もしくは三塁手として外国人野手を1人です。

D.マキノンが残留したとしても来季も同じように打てるとは限りませんからね。

コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.