佐々木健が手術で全治約1年

スポンサーリンク

佐々木健が左肘の「内側側副靱帯の再建術」と「鏡視下クリーニング術」の手術を受けました。

簡単に説明するとトミー・ジョン手術をしたという事です。

ついでにクリーニング手術も同時にやったという事です。


佐々木健もトミー・ジョン手術ですね。

多いですよね。

早く病院を開業させて、フォームの動作解析と連携を取らせて医学的に負荷が少ないフォームを選手に指導するようにしないと増えると思います。

あとは単純に筋肉を付け過ぎて、鍛えられない靭帯に負荷が掛かっているという事です。

現代野球の問題点ですよね。

解決策は月に一度の検査しかないと思います。

病院を開業するので、検査を頻繁にすれば良いと思います。


佐々木健は育成契約に移行でしょうね。

森脇亮介と佐々木健は育成契約です。

年俸は現状維持でしょう。

佐々木健は来季の前半戦までは実戦で投げるのは無理だと思います。

一軍で投げるのは2年後だと思います。

日本人の場合は2年で靭帯が馴染むそうです。

人によるのでしょうけどね。

1年後にすぐ一軍でというのは滅多に居ません。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    佐々木健投手は最悪の事態になってしまいましたね。ただ、回復を待つしかないですね。
    森脇投手と併せて、佐々木健投手も育成契約に切り替える形になるでしょう。

    あと、病院は帝京大学医学部との提携でしたよね。機能して欲しいです。

    佐々木健投手の離脱はチーム編成にも影響しますね。野手補強に加えて、投手補強、とりわけリリーフ補強に影響しますね。

    ドラフトは2015年以来の10名近い支配下指名になるかも知れません。支配下指名は大差なくとも、三軍の本格稼働再開に伴い育成指名は増えそうです。

    外国人選手についても、ティノコ投手の解雇は確定的ですが、エンス投手の契約は再検討する必要があります。現在は先発専属契約のようですが、中継ぎ起用も可能な契約を承諾してくれるなら再契約して欲しいです。

    ドラフトは1位左投手の可能性は高まったとも言えます。1位指名なら東洋大・細野晴希投手、國學院大・武内夏輝投手、2位指名なら桐蔭横浜大・古謝樹投手、大阪商業大・高太一投手ですね。

    個人的には2位で廣瀬隆太内野手を獲得して欲しいので、1位で細野、武内投手で競合入札ですね。下位指名でバイタルネット・江村伊吹投手、Honda鈴鹿・森田駿哉投手、育成指名で独立栃木ゴールデンブレーブス・入江空といった選手を獲得して欲しいです。

    併せて、4位くらいで、東日本国際大・大山凌投手または平成国際大・冨士隼斗投手を獲ってもらい、リリーフ陣を強化して欲しいです。高校生投手については、気になる選手の多くが大学・社会人に進むので今年は無理する必要は無いでしょう。

    高校生については育成指名で古川学園高・今野一成投手を獲得すれば良いと思います。

    当然ながら、クリスキー投手の契約延長は必須です。FAではオリックス・山崎福也投手の獲得を目指して欲しいですね。

    外国人野手については改めてスティーブン・モヤ選手の獲得を希望します。ソフトバンクのデスパイネ選手とは違い、まだ30代前半ですし、活躍も期待できますから。

    今秋ドラフトは、左投手を中心に投手ドラフトの予想です。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.