反撃が遅すぎる【千葉ロッテマリーンズ戦】(17回戦)

スポンサーリンク

試合結果

M32L

感想

ブルペンデーは負けました。

序盤に得点したマリーンズと終盤に得点したライオンズでしたね。

序盤に得点した方がまだ次の回と切り替えが出来るので精神的に楽です。

終盤に得点だと9回の3アウトまでに何とかしないと負けるという焦りやプレッシャーも有りますからね。

結局は先発投手の差だったと思います。

ライオンズは青山美夏人が短いイニングでブルペンデー前提で先発ですからね。

しかも先発と言われたのが12日です。

マリーンズの小島和哉は予定を組んで調整しての先発です。

ライオンズの失点は元々敗戦処理のリリーフ投手で継投した結果だと思います。

ライオンズの勝てるパターンが先発投手が好投して逃げ切って勝つしかないのに、リードされた展開で逆転して勝つとか滅多にない事ですからね。

リードされた試合展開で終盤というのが厳しい訳です。

そうなると12日の試合で逆転サヨナラ負けしたのが痛かったですよね。

昨日の試合は本来ならブルペンデーという時点で勝てればラッキー、負けても仕方ないという試合でした。

唯一の収穫は豆田泰志が1イニングを無失点に抑えた事と佐藤隼輔が9回に登板して抑えた事ですかね。

リリーフ再建の鍵になりそうな若手投手の好投です。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    まずは青山投手。打たれるのは仕方ないですが、フォアボールを出した点は反省してもらわないといけません。また、青山投手が先発を伝えられたのは12日の試合前と聞きました。いくらブルペンデーでも酷すぎます。宮川投手を投げさせないと決めたなら、もっと早い段階で伝えるべきです。

    田村投手は一番やっていけない場面でワイルドピッチをやっては駄目です。二軍で無双していても、一軍でこれでは信頼を勝ち取れません。ブルペンデーなのに3回裏しか投げずに降板したのは見切られた可能性もあります。

    ボー投手は4~5回を1失点でイニングを稼いでくれました。この投手に関してはこんなもんですかね。

    豆田投手は唯一3人で抑えてくれました。お試しで勝ちパターンで起用してみて欲しいです。

    平井投手、佐藤隼投手の2人は調整登板でしたね。

    攻撃は小島投手に抑えられすぎです。采配面で言うならば、5回のノーアウト1,2塁で迎えた1番蛭間選手の場面はバントで良かったと思います。ワンアウトを与えても2点を取りに行くべきでした。ワンアウト2,3塁なら、バッテリーエラーでも1点を取れます。

    試合後はお決まりの粘りは出てきた発言でしたが、点を取れる仕掛けをしないことには話になりません。骨牙の栗山、中村選手のホームランだけでは勝てません。先発オーダーはよくなっているので、勝ちに拘る采配、仕掛けをして欲しいです。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.