【2023年ドラフト候補】度会隆輝 外野手 ENEOS

スポンサーリンク

基本情報

選手名

度会 隆輝 (わたらい りゅうき)

ポジション

右翼手、二塁手、三塁手

投/打

右投げ/左打ち

身長/体重

183cm/83kg

生年月日

2002年10月4日

所属

ENEOS

経歴

横浜高等学校

出身

千葉県

野手情報

通算本塁打

高校通算24本塁打

50mタイム

6秒0

一塁到達タイム

4秒27

遠投

105m

動画

特徴

社会人No.1打者

今年のドラフトで社会人No.1の野手です。

高校生の時とはスタイルを変えて長距離打者に変身しました。

体を大きくしたりと努力したのでしょうね。

社会人の野手でドラフト1位候補は久しぶりです。

社会人の野手でドラフト1位というのは1年目からの活躍を期待されての指名になりますからね。

ちなみに父親がスワローズの度会博文スカウトです。

高卒での社会人なので大学生の候補よりも1歳若いという事になります。

こんな事になるなら高校生の時に指名すれば良かったですよね。

まさか打撃スタイルを変えてドラフト1位候補まで成長するとは思いませんでした。

指名順位

ドラフト1位で指名するしか交渉権を獲得するのは無理でしょう。

他球団も狙っていると思います。

特にOBでスカウトをしているスワローズは狙っているでしょう。

幼少期から縁が有りますからね。

単独指名や外れ1位指名では無理でしょう。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    高校時代の好打者から、パワーアップしてアマチュア球界屈指の長距離砲になりましたね。

    高校時代の指名漏れは順位縛りがあったように思えます。西武に来てくれた場合は3番ライトが適任だと思います。高校時代同様にサードを守れると良いのですが、外野転向が長距離砲覚醒のきっかけだったのかも知れません。

    メジャー挑戦が視野に入っている村上宗隆選手の後継としてヤクルトが指名するかも知れません。

    高校時代の地元DeNAは投手力に不安を抱えているので、度会選手の指名は無いでしょう。むしろ出身地の地元であるロッテが指名するかも知れません。

    ロッテは内野にサード安田、ショート友杉、池田や茶谷も頭角を現してきています。外野はセンターに藤原恭大が定着し、外野は両翼が流動的です。度会選手の獲得は可能性大でしょう。

    西武同様に打力不足に悩まされる中日も可能性がありますが、度会よりは地元出身で、内外野を守れる明治大・上田希由翔内野手の1位指名を優先すると思います。

    オリックスは社会人野手を好まないですし、恐らくはオリックスJr出身の大阪桐蔭高・前田悠伍投手を1位指名すると思います。戦力に余裕がある阪神もスケール重視で前田投手に行くと見ています。

    広島はプロ志望なら真鍋慧内野手で行くでしょう。後は日本ハムは1位指名の可能性があるでしょう。ファーストに清宮、サードに野村選手がいる日本ハムが佐々木麟太郎選手を1位指名するとは思えないのです。センターに万波選手を配置すして、ライトに度会選手を入れればバランスも良いですから。明るい性格は新庄監督とも相性が良さそうです。

    話ついでに楽天は十中八九、佐々木麟太郎内野手でしょう。地元の逸材を拒否する理由がありません。慶應義塾大・廣瀬隆太内野手の可能性もありますが、タイプが近い岩見雅紀内野手が5年で戦力外になっていますから。佐々木麟太郎選手以外なら度会選手の方が可能性は高いでしょう。楽天は去年投手偏重ドラフトを展開したので、今年は野手にシフトすると見ています。

    ソフトバンクも佐藤直樹選手のように社会人野手を獲得する可能性はありますね。個人的にソフトバンクは中央大・西舘投手のようなポスト千賀滉大タイプを獲得すべきと考えています。

    西武は起訴猶予になっても山川選手の退団が予想されますし、中村選手のフル出場も厳しい状況です。大型三塁手として廣瀬隆太内野手を獲得して欲しいです。度会選手よりはライト蛭間、ファースト渡部、サード廣瀬で次世代山賊打線を組んで欲しいですね。

    • sakano より:

      廣瀬隆太内野手は意外と3位くらいで指名出来ると思います。
      ドラフトに絶対はないですけどね。

      • YOSHIKI より:

        廣瀬隆太選手については、単独1位または外れ1位クラスだと評価しています。この辺りは高校生野手の1位候補がどれくらいプロ志望届を出すかにかかっていますが、少なくとも指名漏れや3位は無い気がします。

        多分sakanoさんとしては、昨年指名漏れした立教大・山田健太選手にならって評価されているのだと思います。山田選手についてはプロでは足も遅くセカンドを守るのは厳しい。サードやファーストとしては長打力に欠ける。2020年DeNA2位牧秀悟選手の下位互換のような評価でしたから、山田選手は実際3位くらいかなとは思います。

        廣瀬選手は現在はチーム事情でセカンドを守っていますがプロではサードでしょう。ファーストもこなせますが、動けるうちはサード優先だと思います。走力も山田選手に比べて優れていますからレフトくらいは十分にこなせます。山田選手のようにすべてに平均的という選手ではなく、長打力も傑出しており、東京六大学通算本塁打記録の更新も狙える位置にいます。低打率が心配ですが、蛭間選手、萩尾選手を見ても分かるように、東京六大学の主軸は少なくともプロの二軍ではトップレベルです。早い段階から一軍で使えると思います。

        2017年楽天2位で慶応義塾大から入団した岩見雅紀外野手がプロでは通用しなかった例は確かにありますが、内野手で起用の幅が広い廣瀬選手は競合1位は無いと思いますが、単独1位または外れ1位で指名があると思います。

        逆に1位候補と言われてはいるが、順位が3位くらいになりそうなのは、上武大・進藤勇也捕手のような気がしています。西武も今年から捕手併用制になり特定の1人が正捕手を務める形では無くなっています。12球団を見渡しても正捕手が固定されているのは半数くらいです。

        1位で一人正捕手を貫く球団が減ってきているのが大きいでしょう。個人的にはポスト甲斐拓也として、ソフトバンクが進藤勇也選手を1位で獲得すべきだと考えています。

        • sakano より:

          大学生即戦力のタイガース1位の森下翔太が今の基準だと思います。
          蛭間拓哉やジャイアンツの萩尾匡也も基準になりますけど、まだ一軍でよ出場がないですからね。
          今の大学生野手は即戦力というのは厳しいと感じてます。
          ベイスターズの牧秀悟クラスを探し当てるのは非常に難しいと思ってます。

          現時点では大学生野手を指名するなら高校生野手か社会人野手を指名した方が良いと思ってます。
          ドラフト1位で野手を指名する場合ですけどね。

          ホークスは捕手ではなく即戦力の先発投手を狙うと思います。
          千賀滉大の穴埋めを考えている筈です。
          捕手は海野隆司、九鬼隆平、渡邉陸が居るので十分でしょう。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.