岡田雅利は今季は絶望

スポンサーリンク

大腿骨・脛骨骨切り術

「大腿骨・脛骨骨切り術」という手術を行い退院したそうです。

左膝にかかる荷重位置を修正する手術で、「変形性膝関節症」で人工関節をしたくない人が受けるような手術のようです。

手術後は制限なくスポーツが行えるそうです。

今季は絶望

骨がくっつくまで3ヶ月から6ヶ月は必要なので今季は無理という事なのでしょう。

骨がくっついてから練習開始なので選手として復帰出来るのかは分からないです。

年齢を考えると契約が切れる来季でどこまで回復出来るのか?です。

あとは捕手事情次第だと思います。

下手をしたら来季で引退という可能性も有りますよね。

引退後はコーチなんでしょうけどね。

発表
スポンサーリンク
獅子に願いを。

コメント

  1. YOSHIKI より:

    通常の歩行にも支障があったようなので、再び外科的手術がされるだろうと思っていました。ライオンズの功労者で経験豊富な選手ですから復活して欲しいと思ってはいますが、厳しいかも知れません。来季オフが一つの区切りになるでしょう。

    捕手は軒並み故障者だらけですから、ドラフトでも獲得する必要があるかも知れません。柘植、古賀両捕手が頑張っていますが、それ以降となると名前が挙がってきません。コリジョンルールの適用でクロスプレーでの故障可能性はかなり低くなりましたが、ファウルチップや、ワンバウンドのボール、自打球などで負傷する可能性は十分あります。

    もう一人、即戦力を獲得して欲しいですね。SNS上で噂される山野辺選手と中日・郡司裕也捕手とのトレードは具体名が出たので実現しないでしょうし、牧野選手の復帰待ちかも知れません。

    2023年ドラフト候補だと上武大・進藤勇也捕手が攻守共に力がありますが、2位以上、場合によっては1位候補と見ています。個人的にはロッテ・佐藤都志也選手と同じくらいの評価です。

    • sakano より:

      牧野翔矢が実戦復帰をしたので3番手捕手は大丈夫になると思います。
      二軍の捕手は古市尊、野田海人を中心に起用するでしょう。

      欲しいのは佐藤都志也のような捕手以外を守れる選手ですかね。
      打撃もそれなりに良い上本達之二軍打撃コーチのようなタイプです。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.