課題が残った試合【2023球春みやざきベースボールゲームズ(ホークス戦)】

スポンサーリンク

「2023球春みやざきベースボールゲームズ」のホークス戦(3月2日)の感想です。

印象に残った選手を書きます。

渡邉勇太朗

1イニング目の失点は川野涼多のミスも有ったので仕方ないにしても先頭打者からの2連打は渡邉勇太朗の責任ですよね。

失点の原因が全て川野涼多の責任では無くピンチを作ったのは渡邉勇太朗自身です。

低めに決まったストレート、変化球は良かっただけに良いボール悪いボールの割合の問題だと思います。

一軍で投げたいなら良いボール割合を多くしないと無理です。

松坂大輔氏からのアドバイス通りに「リラックスしながら投げられるボールっていうのがやっぱりあると楽」という言葉通りにピッチングに余裕が欲しいです。

リラックスして投げられるボールが渡邉勇太朗自身はカーブという事で、2イニング目はカーブを使ってピッチングが良くなりましたよね。

水上由伸

水上由伸は不運な内野安打などの2連打でピンチを作りますけどキッチリと火消しはしました。

これは昨季の経験が発揮されたとは思います。

多少の制球ミスは有りますけど修正出来る範囲だと思います。

一つ懸念しているのはオフに昨季の登板数を加味して肩を休ませたのでは?という不安です。

肩を休ませた方が良いという助言をする人が居たりしますこらね。

オフに肩を休ませると後半まで状態が上がらないという場合が多いです。

大曲錬

制球力ですよね。

荒過ぎです。

暴投でピンチを自ら作りましたからね。

スライダーがキレていただけに勿体無いです。

ボール自体は一級品ですよね。

課題は制球力の安定です。

佐藤隼輔

ストレートとスライダーが良かったです。

ただ四球が3個というのがね。

四球で無駄なランナーを出さなければ評価は爆上がりだったでしょう。

コースに制球出来たら無双するくらいのボールは投げてます。

外崎修汰

怖いくらい打ちますね。

3打席で2安打、1四球と全打席出塁です。

好調になる時期が早過ぎて不安になります。

山野辺翔

途中出場で2安打1打点1盗塁でした。

調子が良いですよね。

アピールをしなければならない立場の選手ですからね。

二塁手としてはどうしても無理なので三塁手もしくは外野を狙うしか無いです。

川野涼多

守備ですよね。

7回裏のライナーの打球を捕れ無かったのは仕方が無いにしても1回裏の二塁を踏めなかったミスです。

二塁を踏んで1回でアウトにしていれば失点は無かったです。

打撃でタイムリーを打って取り戻しましたけど、守備での失敗が続きますね。

これも経験なんでしょうけどね。三塁手としての起用も検討段階なのでしょうか?

コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.