春季キャンプの感想【第2クール2日目】

スポンサーリンク

春季キャンプの映像を見た感想を書きたいと思います。

今日は第2クール2日目です。

引き続き松坂大輔氏が臨時コーチとして指導してますね。

ブルペンや打撃投手の様子を見て投手に話しかけたりしてます。

気づいた所をアドバイスしているのでしょう。

若手投手はどんどん聞いて欲しいですよね。


打撃投手は本田圭佑、松本航、今井達也、平良海馬、青山美夏人が登板したました。

平良海馬は最速150キロで自前のラプソードを設置しての登板でした。

川越誠司のバットを折ったりとツーシームに力が有りました。

今井達也は指を気にしてましたが爪で切ったみたいです。

ただその後にブルペンで投げている姿は有りましたけど登板後だったのか?登板前だったのか?は分かりません。

大した事は無いと思います。


野手では盗塁と帰塁の練習では実際の投手の映像を使って練習してましたね。

ホークスの和田毅の所で牽制されたのに3人の選手が全員飛び出すという珍事も有りました。

実際の試合なら牽制でアウトですよね。


公式動画では反射の反応計測する機器で渡部健人が源田壮亮に張り手と言われてました。

そんな事を言われたら張り手にしか見えないです。


コメント

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.