ホークスが有原航平を獲得

スポンサーリンク

ホークスが有原航平を獲得したと報道されました。

千賀滉大の穴埋め

有原航平は千賀滉大の穴埋めの為に獲得したのでしょうね。

ただ有原航平に千賀滉大の穴を完全に埋めるほどの力は無いと思います。

5勝5敗だったら良い方だと予想しています。

MLBに移籍する前でも圧倒的な投球をしていた訳では無いです。

右肩を手術して力は確実に落ちてます。

C.レイと同等の成績だと思います。

外国人枠を使わないで済むという点ではプラスなのかもです。

昔のジャイアンツ化

ゲーム差なしで優勝を逃したのが悔しかったのか、補強が凄いですね。

手当たり次第に補強している様は2000年代のジャイアンツのようです。

補強をすれば必ず強くなるという訳では無い事はあの時のジャイアンツが証明しています。

ホークスの矛盾

ホークスは育成で強くしたいのか?補強で強くしたいのか?ハッキリとさせないとチームのバランスが崩壊すると思います。

補強で選手を獲得すればそれだけで育成にとってはマイナスです。

若い選手の出場機会の可能性を潰す訳ですからね。

どんなに二軍で実戦を重ねても一軍で経験を積まないと育つ選手も育ちません。

育成を重視したいから内川聖一や松田宣浩を切ったと思ってたのですけど、近藤健介、嶺井博希、有原航平を補強したら同じ事の繰り返しだと思いますけどね。

「二兎追うものは一兎も得ず」という言葉が有る様に補強と育成を同時にしようとすると両方中途半端になって潰れると思います。

プロ野球
スポンサーリンク

 

やる気スイッチをポチッとな!

にほんブログ村 野球ブログ 埼玉西武ライオンズへ
にほんブログ村

獅子に願いを。

コメント ログインユーザー以外は返信を期待しないで下さい。

  1. YOSHIKI より:

    手薄な先発投手を補強したという意味では、的確な補強だとは思います。四番・ファースト型の選手ばかり集めていたかつての巨人とは違う気がします。

    ただ、若手は育たないし、ドラフトはさながらオールロマン枠状態ですし、外部補強もドラフトも物量作戦に走っている気はします。贅沢税導入は真剣に議論すべきでしょう。

    有原投手が千賀投手の穴埋めをする活躍をするとは思えません。

    一年間ローテーションを守れたら御の字ですね。ただ、日本ハムファイターズとしては、2年でソフトバンク移籍されたらたまらないですね。単純に有原投手が力不足で通用しなかっただけですが、メジャーが国内他球団へ移籍するためのバイパスにされたらたまらないですね。ライオンズにも関わる事ですから。

    ポスティング移籍でメジャーに行った選手が3年以内に国内復帰する場合は元所属球団に優先交渉権を与えるものとする。再契約を元所属球団が望まない場合に限り、他球団との自由交渉を認めるものとする。

    この事をポスティング移籍のルールに加えるべきです。選手の権利ばかりでは多くの球団は成り立ちません。

    ライオンズだけを考えれば、有原選手が加わった事により、山川選手がソフトバンクにFA移籍した際に人的補償で良い選手がプロテクトから漏れる可能性が高まり有り難いですが。

    • sakano より:

      日本国内の保有権の問題ですね。
      ただ保有権をMLBに売っている形になりますからね。

      有原航平の場合はファイターズが安く売り過ぎたとは思います。
      ホークスの補強し過ぎ問題は贅沢税などで何とかなると思います。
      それよりも育成契約にもそろそろ年齢制限を設けた方が良いと思います。

スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.